メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞鶴市

大相撲春巡業の土俵上で倒れた市長が退院

多々見良三・舞鶴市長

 今年4月、京都府舞鶴市であった大相撲春巡業の土俵上で倒れ、くも膜下出血で入院していた多々見良三・舞鶴市長が14日、退院した。多々見市長は自宅で療養後、今月末には公務に復帰するという。

 多々見市長は土俵上でのあいさつの途中で倒れ、会場にいた女性たちが心臓マッサージなどの救命措置を施した。その際、日本相撲協会関係者が、女性に土俵から下りるよう場内放送で促したとして、波紋を呼んだ。こうした協会の対応について多々見市長は「一般の感覚からずれていることがあった。公務復帰後にお話ししたい」と話した。【鈴木健太郎】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  4. 殺害容疑の姉 弟の遺書、偽装の痕跡 父後継ぎで対立か
  5. 東京高裁 ワンセグ、2審もNHK契約義務 受信料訴訟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]