メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

ロシアW杯 笑顔あふれる、祭典の地 日本初戦の街・サランスク

 14日に開幕したサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会。7月15日の決勝まで約1カ月間、ロシア国内11都市12会場で熱戦が行われる。6大会連続出場の日本は19日にコロンビアとW杯初戦を迎える。戦いの地、サランスクはモスクワから約600キロ離れた人口約30万人の街。今大会開催地の中で最も規模が小さい。モルドビア共和国の首都でもあり、モスクワとは異なる独自の文化がある。

 街の中心部にはドーム型の屋根が金色に輝く聖ウシャコフ大聖堂があり、目抜き通りにはW杯開催を記念した…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文627文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです