メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうふ屋のある町はいい町だ

/3 てづくりとうふ すがい(京都市左京区) 遊び心並ぶ“ブティック”

看板商品の「極」と「あげだしとうふ」を手にする菅井宏央さん=京都市左京区の「てづくりとうふ すがい」で

 いい水の湧くところに、おいしいとうふ屋がある。「てづくりとうふ すがい」は、京都・下鴨神社と同じ水系で、神社より更に上流にあるから水がいいと、なじみ客は口にする。

 下鴨の井戸水に目を付け、この地でとうふ作りを始めたのは店主、菅井清さん(69)の亡き母孝子さんだった。昭和28年ごろ、夫の文雄さんと創業。店主は中高生時代に家業を手伝うようになり、自然に店を継いだ。現在は妻の幸子さん、息子の宏央(ひろお)さんと3人で店を営む。

 先代のとうふは、京都の一般的なとうふだった。清さんに代替わりすると、「何かよそとは違うことを」と考…

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1191文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです