メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

米朝首脳会談の核心=保阪正康

(コラージュ・平山義孝)米朝両首脳の姿は朝鮮中央通信・朝鮮通信の提供写真から

朝鮮戦争、休戦から終戦の段階に

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の首脳会談が世紀の歴史会談になるか否かは、実は北朝鮮の非核化や米国による体制保証にあるのではない。もっとも重要な点は朝鮮戦争になんらかの形でピリオドを打つ、それが歴史的会談のゆえんではないかと思って注視してきた。しかし共同声明にはそれはなかった。惜しまれる。

 20世紀の積み残しの課題、それが朝鮮戦争の終結である。もともとこの戦争は、第二次世界大戦の決着が円…

この記事は有料記事です。

残り1738文字(全文1966文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです