メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

成人年齢引き下げ

改正民法成立 140年ぶり「大人」が変わる

 明治時代以降、140年あまりにわたって「満20歳」とされてきた成人の定義が見直されることが決まった。現行の20歳から18歳に成人年齢を引き下げる改正民法が13日、国会で成立し、2022年4月に18、19歳も新成人となる見通しだ。引き下げで何が変わり、暮らしにどのような影響がもたらされるのか。【和田武士】

 法務省によると、170本余の法律に「未成年」「20歳未満」といった年齢条項があり、各法律の所管省庁…

この記事は有料記事です。

残り1494文字(全文1697文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  3. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです