メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陽新幹線車両破損

のぞみ事故 ひび認識、運行止めず JR西謝罪 駅員、連絡遅れ 識者の話

剥がれた破片危険 日本大生産工学部の綱島均教授(鉄道工学)の話

 新幹線の先端には軽量で強度が強く、加工しやすい素材が使われている。今回のような破損状態ならば走行自体に問題はなく、脱線の危険性も極めて低い。

 一方、剥がれた破片が風圧で巻き上げられ、人や架線などにぶつかる問題は起こり得る。小動物だと思っ…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文336文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです