メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陽新幹線車両破損

のぞみ事故 ひび認識、運行止めず JR西謝罪 駅員、連絡遅れ 識者の話

剥がれた破片危険 日本大生産工学部の綱島均教授(鉄道工学)の話

 新幹線の先端には軽量で強度が強く、加工しやすい素材が使われている。今回のような破損状態ならば走行自体に問題はなく、脱線の危険性も極めて低い。

 一方、剥がれた破片が風圧で巻き上げられ、人や架線などにぶつかる問題は起こり得る。小動物だと思っ…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文336文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです