メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陽新幹線車両破損

のぞみ事故 ひび認識、運行止めず JR西謝罪 駅員、連絡遅れ 識者の話

剥がれた破片危険 日本大生産工学部の綱島均教授(鉄道工学)の話

 新幹線の先端には軽量で強度が強く、加工しやすい素材が使われている。今回のような破損状態ならば走行自体に問題はなく、脱線の危険性も極めて低い。

 一方、剥がれた破片が風圧で巻き上げられ、人や架線などにぶつかる問題は起こり得る。小動物だと思っ…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文336文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです