メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

眠気

正体は脳内たんぱく 活性化すると眠く 筑波大

 脳内にある80種類のたんぱく質の働きが活性化すると眠くなり、眠りにつくと働きが収まるのをマウスの実験で発見したと、柳沢正史・筑波大教授(神経科学)のチームが英科学誌ネイチャー電子版に発表した。「スニップス」と名付けたこの一群のたんぱく質は眠気の「正体」とみられ、睡眠そのものに深く関わっているらしい。

 柳沢教授らは、たんぱく質が睡眠を促して神経を休息させ、機能の回復につなげているとみている。「睡眠の…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文545文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです