メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

眠気

正体は脳内たんぱく 活性化すると眠く 筑波大

 脳内にある80種類のたんぱく質の働きが活性化すると眠くなり、眠りにつくと働きが収まるのをマウスの実験で発見したと、柳沢正史・筑波大教授(神経科学)のチームが英科学誌ネイチャー電子版に発表した。「スニップス」と名付けたこの一群のたんぱく質は眠気の「正体」とみられ、睡眠そのものに深く関わっているらしい。

 柳沢教授らは、たんぱく質が睡眠を促して神経を休息させ、機能の回復につなげているとみている。「睡眠の…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文545文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 徳島・三好市長 赤旗コラム盗用 市報に掲載
  5. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです