メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラごみ対策

議員が先行…改正法成立 政府は後ろ向き

 海洋汚染への影響が指摘される微細なマイクロプラスチック(MP)削減に向けた議員立法の改正海岸漂着物処理推進法が15日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。一方、政府は先週の主要7カ国首脳会議(G7サミット)で「海洋プラスチック憲章」への署名を見送り、プラスチックごみ対策に後ろ向き。環境保護団体などから「国民も議員も汚染拡大を懸念しているのに、政府は深刻な状況を分かっていない」と批判の声が上がっている。

 大きさが5ミリ以下のMPは化粧品などに含まれるほか、レジ袋やペットボトルといったプラスチックごみが…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文812文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです