メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

のぞみ事故

ひび認識、停車させず JR西が謝罪

 北九州市内で14日発生した博多発東京行き新幹線「のぞみ176号」の人身事故で、JR西日本の平野賀久(よしひさ)副社長は15日、大阪市の本社で記者会見し、50代運転士が博多-小倉間で衝撃音に気付きながら、マニュアルに反して東京の新幹線総合指令所に報告を怠っていたことを明らかにし、謝罪した。小倉駅の30代駅員も、先頭車両の連結器カバーにひびや血のりがあることを認識しながら運行を止めなかったことも判明した。

 会見の冒頭、平野副社長は「多大なる輸送障害を発生させ、4万人を超える多くのお客様にご迷惑をおかけし…

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1328文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  5. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです