メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉女児殺害公判

叫び声で目覚め 娘思い両親証言

 千葉県松戸市の市立小3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9歳)=ベトナム国籍=が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた通学先の元保護者会長、渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判の第9回公判が15日、千葉地裁(野原俊郎裁判長)で開かれた。女児の両親が「命と同じくらい大事だった」「眠るたび助けを求めて叫ぶ娘の声で目が覚める」と娘への思いや今も続く悲しみを伝え、厳罰を求めた。

 遺族が法廷で証言するのは初めて。父レェ・アイン・ハオさん(35)は検察側証人として出廷し、遺体を確…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文508文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです