メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

始まりは、ジョーがルームメートのブライアンに宛てた一通のEメールだった…

 始まりは、ジョーがルームメートのブライアンに宛てた一通のEメールだった。「僕らの部屋を朝食付き宿として貸さないか?」。2007年9月、米サンフランシスコ。大きな国際会議を前に宿泊所不足が伝えられていた▲宿と言っても、用意したのは空気で膨らますエアベッドを三つ。「ビーアンドビー」と言えば、寝床(bed)と朝食(breakfast)を提供する民宿のことだが、彼らのはエアベッドだから「エアビーアンドビー」だ。インド人を含む3人が泊まりに来た▲今では民泊仲介サイト世界最大手のエアビーアンドビー社が最初に迎えた顧客である。利用者はのべ3億人を超え、日本でエアビーは民泊の代名詞に。ジョー・ゲビアさん、ブライアン・チェスキーさんら創業者は30代半ばで億万長者だ▲成功の陰には苦労あり。会社設立の翌月、リーマン・ショックが襲う。ジリ貧から脱するため、朝食用シリアルの箱にオバマ候補らの似顔絵をあしらった大統領選スペシャル版の「開発」もした▲そのエアビーに再び試練か。日本で民泊の新法が施行され、合法的に取り扱える物件が激減した。政府の指示で、施行前に予約されていた不適格民泊を大量にキャンセルもし、「エアビーショック」と大騒ぎになった▲新制度の始まりにトラブルはつきものとはいえ、行政も業者も民泊の信用を担う。規制の不備は修正してもらい、エアベッド三つで挑戦するような新ビジネスの発芽に期待したい。日本版ジョーとブライアンの登場も。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
    2. 仙台市博物館 政宗の愛刀公開 ゲーム「刀剣乱舞」効果? 反響「普段の数十倍」 /宮城
    3. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
    4. 大分知事選 現職と新人の2氏が届け出
    5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです