メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

北朝鮮との交渉 一歩深く、先まで考える=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

藻谷浩介氏=手塚耕一郎撮影

 「もり・かけ」から日大へ、そして北朝鮮へと、世の関心は流動しているようだ。だがこういうときこそ物事を一歩深く、一歩先まで考えてみたい。過去の寄稿で取り上げたテーマのいくつかをおさらいしよう。

 まずは昨年5月28日掲載の、飲食店内の禁煙化問題。政府案のザル法化は無念だが、東京都では、飲食店の84%が禁煙化対象となる条例が可決されそうだ。残る16%の喫煙可能店と、客はどちらを選ぶか。思い出すのは2000年末、愛煙家の利用を当て込み喫煙席を復活させた北海道国際航空(現エア・ドゥ)が、客離れを招き3カ月で全席禁煙に戻したことだ。予言しておくが都内でも数年内に、よほどのヘビースモーカー以外は他人の煙を吸わされる店を避けるようになるだろう。逆に筆者のように、煙が苦手で居酒屋などを避けていた客層は、晴れて店に戻って来る。タクシー禁煙化の際も同じことが起きた。一歩先まで考えれば、都条例は飲食店全体の集客にはマイナスにならない。

 次いで今年2月11日掲載の、辺野古の海上滑走路の津波リスク。夏には海上への土砂投入が始まるというが…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」
  3. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前
  4. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  5. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです