メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

卵焼き弁当×山谷・まりや食堂 160円がつなぐ命

イラスト・佐々木悟郎

 簡易宿泊所が並ぶ東京・山谷に小さな弁当屋がある。名前は「まりや食堂」という。

 開店前の夕方、教会の1階にある店に白髪交じりの男たちの行列ができる。「いらっしゃい」。牧師で食堂代表の菊地譲さん(77)がステンドグラスの扉を開けた。

 いつも列の先頭にいる男性(68)は7年前からの常連だ。父の顔と名前を知らない。地方を転々としながら働き、山谷にたどり着いた。今は離れたまちで暮らすが「顔を見るとやすらぐ」と電車とバスを乗り継ぎ弁当を買いに来る。

 菊地さんは東京五輪で日本が沸いた1964年ごろ、山谷で暮らす子どもに勉強を教え、簡易宿泊所の厳しい…

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1038文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. くらしナビ・ライフスタイル 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上
  3. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  4. 社説 河野外相の記者会見発言 「次の質問」という傲慢さ
  5. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです