メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災特集

古文書の「小さな地震」収集 東大、予測精度向上目指す

 <いのちを守る>

 東京大の地震研究所と史料編纂(へんさん)所がタッグを組み、地震観測網が未発達だった100年以上前の大地震と、その前後で発生した小さな地震のデータベース作りに取り組んでいる。各地の「震度計」代わりとなるのは、寺院や商家で書き残された日記などの古文書だ。数百~数千年に一度の頻度で発生する巨大地震や大地震の予測精度を向上させる狙いがある。【渡辺諒】

 「二日、夜四時半頃、大地震、土蔵壁残らすふるひ落候、瓦も不残落る」

この記事は有料記事です。

残り1178文字(全文1394文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  4. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  5. 沖縄知事選 台風24号影響、一部で投票日繰り上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです