メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仏伊首脳会談

移民負担、EUで対応 協調姿勢打ち出す

共同記者会見後に握手するフランスのマクロン大統領(右)とイタリアのコンテ首相=パリのエリゼ宮で15日、AP

 今月初めに発足したポピュリズム(大衆迎合)的なイタリア政権を率いるコンテ首相は15日、フランスのマクロン大統領とパリで会談した。海上で救助された北アフリカからの移民・難民を乗せた船の受け入れをイタリアが拒否した問題を受け「欧州連合(EU)を通じた協力が必要」との見解で一致、協調姿勢を打ち出した。

 大統領府で会談後、共同記者会見したマクロン氏は「EUの対応に効率性と連帯性が欠けていた」…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです