メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AKB48選抜総選挙

須田亜香里2位&おぎゆか4位 “さっしー流”継承(スポニチ)

第10回AKB48世界選抜総選挙(2018年6月16日 愛知・ナゴヤドーム)

 “さっしーイズム”を感じさせるような個性派2人の快進撃だった。地元SKEのワンツーフィニッシュを演出した須田亜香里(26)は2位で自分の名前を呼ばれ、胸を張ってマイクの前へ向かった。「本当に私が一番ビックリしてます。ステージの一番端っこからスタートした私でも、よじ登ってくれば、ここまで来られるんだと証明したかった」。その目は歓喜の涙であふれていた。

     自己最高だった昨年の6位からさらに順位を上げ、票数は約9万票も上乗せされていた。自他共に認める「ブス」キャラなのに、なぜこれほど愛されるのか。これは地味で目立たなかったHKT指原莉乃(25)がブログの面白さをきっかけに「総選挙の申し子」と呼ばれるまで成長した軌跡に重なる。

     須田の場合は、09年のデビューから3年間は劇場公演でいつも後列の隅が定位置だった。反骨心を燃やし、握手会でファン一人一人の特徴を記憶する努力を重ねて「握手会の女王」と人気に。「なぜこのルックスで上がってこられるんだという声を逆手に、活躍させていただいた」とバラエティー番組でいじられ支持を拡大。主要メンバーが巣立っていく中、その成長をファンに見守ってもらい女王に手が届く順位までのぼり詰めた。

     4位に入ったNGT荻野由佳(19)も前年5位から順位を上げた壇上で呼吸を荒らげながら「私は可愛くもないし…」と自虐。11年からAKBのオーディションに落ち続けた苦労人は「握手会や劇場公演を通じてファンの皆さんとの距離は1位だって堂々と胸を張って言えるようになった」と自己評価した。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
    2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
    3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
    4. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
    5. マクドナルド福増町店 道路の真ん中に!? 味なことやる バイパス遊休地を活用 /北陸

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです