メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 名古屋市内の定時制高校3年、竹内正直さん(20)は日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれた。5年前、母とフィリピンから来日。公立中学に編入しようとしたが学齢超過を理由に断られた。

 ほとんど日本語を話せなかった竹内さんはボランティアに支えられ、三つの日本語教室で勉強し、高校受験資格を得るため夜間中学に通った。国籍、年齢に関係なく勉強する生徒の姿に刺激を受け、2年後に県立高校に入学した。

 外国人が少ない高校を進学先に選んだ。日本語を使わざるを得ず、サポートも十分ではない。自分を追い込む…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文531文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです