メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 名古屋市内の定時制高校3年、竹内正直さん(20)は日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれた。5年前、母とフィリピンから来日。公立中学に編入しようとしたが学齢超過を理由に断られた。

 ほとんど日本語を話せなかった竹内さんはボランティアに支えられ、三つの日本語教室で勉強し、高校受験資格を得るため夜間中学に通った。国籍、年齢に関係なく勉強する生徒の姿に刺激を受け、2年後に県立高校に入学した。

 外国人が少ない高校を進学先に選んだ。日本語を使わざるを得ず、サポートも十分ではない。自分を追い込む…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文531文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 北海道 気温上がらず 斜里町で14.9度と5月中旬並み
  5. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 北大会 花咲徳栄VS上尾 昨夏覇者と古豪 あす決勝で激突 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]