メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

感覚と意味の差異=酒井佐忠

 ここにいる<われ>と微妙な差異のある<われ>と。その「ずれの感覚」が短い俳句の言葉に現れる。<われ>だけではない。ある<物体>に対したときの一瞬の感覚と意味のずれが、これも言葉にしがたい一句の魅力を醸し出す。花谷清の句集『球殻(きゅうかく)』(ふらんす堂)を開いて、そのような不思議な言葉の感覚に魅せられた。

 <朝かと問われ夜と答える水中花>。「水中花」は夏の季語。紙や木を薄く切ったものに色をつけ、水中に入…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文575文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、再戦で成長の跡 対バーランダー
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]