メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

感覚と意味の差異=酒井佐忠

 ここにいる<われ>と微妙な差異のある<われ>と。その「ずれの感覚」が短い俳句の言葉に現れる。<われ>だけではない。ある<物体>に対したときの一瞬の感覚と意味のずれが、これも言葉にしがたい一句の魅力を醸し出す。花谷清の句集『球殻(きゅうかく)』(ふらんす堂)を開いて、そのような不思議な言葉の感覚に魅せられた。

 <朝かと問われ夜と答える水中花>。「水中花」は夏の季語。紙や木を薄く切ったものに色をつけ、水中に入…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  3. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. チチロー「いつか来る日が来てしまった」 孤高の天才支えた父や妻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです