メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

名古屋場所前に横綱・白鵬と交流 滋賀

地元の子どもたちに胸を貸す横綱・白鵬関(中央)=滋賀県長浜市で2018年6月17日、若本和夫撮影

 大相撲名古屋場所(7月)に向けて滋賀県長浜市内で合宿している横綱・白鵬関ら宮城野部屋の力士が合宿最終日の17日、同市山階町の滋賀近交運輸倉庫内の特設土俵で地元の子どもたちと交流した。

 幼稚園児から中学生までの約40人が土俵に上がり、横綱の胸を借りた。まわし姿の子どもたちが5、6人がかりで横綱を押し出す場面も…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文388文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  3. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです