メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

リュウグウの自転軸 着陸計画の立案に好都合

JAXA最新画像を分析

 探査機「はやぶさ2」の小惑星リュウグウ到着が間近となり、16日に公開された自転や形の様子が写る画像について、プロジェクトチームが「今回の画像で確認できた自転軸の向き(垂直方向)であれば、小惑星全体の様子を把握しやすく、ミッションの計画を立てるのに好都合になる」と受け止めていることが分かった。吉川真・はやぶさ2プロジェクトミッションマネジャーは「形については、現状では想定していたお団子のようではないように見える。画像処理の影響や今後の観測にもよるが、リュウグウの姿に非常に期待が高まってきた」と説明した。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が16日に発表したリュウグウの最新画像(リュウグウまでの距離約70…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文706文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです