メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

リュウグウの自転軸 着陸計画の立案に好都合

JAXA最新画像を分析

 探査機「はやぶさ2」の小惑星リュウグウ到着が間近となり、16日に公開された自転や形の様子が写る画像について、プロジェクトチームが「今回の画像で確認できた自転軸の向き(垂直方向)であれば、小惑星全体の様子を把握しやすく、ミッションの計画を立てるのに好都合になる」と受け止めていることが分かった。吉川真・はやぶさ2プロジェクトミッションマネジャーは「形については、現状では想定していたお団子のようではないように見える。画像処理の影響や今後の観測にもよるが、リュウグウの姿に非常に期待が高まってきた」と説明した。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が16日に発表したリュウグウの最新画像(リュウグウまでの距離約70…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文706文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです