メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

須崎優衣が大会3連覇 女子50キロ級

女子50キロ級決勝で入江ゆき(左奥)を破り優勝を決めて喜ぶ須崎優衣(手前)=東京都世田谷区の駒沢体育館で2018年6月17日、宮間俊樹撮影

全日本選抜選手権

 レスリングの世界選手権(10月・ブダペスト)代表選考会を兼ねた全日本選抜選手権最終日は17日、東京・駒沢体育館で男女計6階級が行われた。女子は50キロ級で須崎優衣(早大)が大会3連覇を達成。男子フリースタイル65キロ級を制した乙黒拓斗(山梨学院大)とともに、全日本選手権覇者と世界選手権代表を争う7月のプレーオフに進んだ。

 女子53キロ級は奥野春菜(至学館大)、男子フリー57キロ級は高橋侑希(ALSOK)、男子グレコロー…

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文846文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです