メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

長妻昭氏/上 平和を妨げているもの問う「徳川家康」

小説「徳川家康」の文章を読み上げる立憲民主党の長妻昭代表代行=東京都千代田区の衆院第2議員会館で、手塚耕一郎撮影

ロングバージョン

 以前からつまみ読みしていたが、全26巻を初めて通読したのは2000年衆院選で初当選してからだ。線を引きながら読んだ。民主党政権の下野後にも、もう一回通読した。

 270年続いた江戸時代は、大きな内戦も対外戦争もなかった。その基礎を作った家康は世界の中でも唯一無二の人物だろう。「家康に平和の秘訣(ひけつ)があるんじゃないか」。政治家として非常に関心を持ち、手に取った。

 どの国の政治家も「飢餓のない世界平和」を目指している。そこにたどり着く原理というか道筋、理念哲学を…

この記事は有料記事です。

残り2164文字(全文2406文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タンザニア フェリー沈没130人超死亡 ビクトリア湖
  2. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  3. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  4. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです