メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天国橋を渡って

私立ハンセン病療養所の軌跡/1 転園が「逃走」処罰対象に 外の世界を知りたい /静岡

 雲のない日には目の前に富士山の雄大な姿が望める御殿場市神山(こうやま)。スギやカエデなどの木々が立ち並ぶ黄瀬川のほとりに、神山復生病院はある。今もハンセン病の元患者5人が過ごす施設は、5月16日に創立129年を迎えた。国内で唯一となった私立のハンセン病療養所の姿を振り返る。

 復生病院で暮らす藤原登喜夫さん(85)は岡山県倉敷市で育った。9歳の冬、かじかんだ両手を火鉢にかざすと、左手の感覚は戻っていったが右手の指は曲がったままだった。「変だな」。しんきゅう師にはりやおきゅうをしてもらったが効果がない。大学病院を受診したが、直接病名を告げられなかった。

 その後、火鉢でちょうどいい温かさだと思っても、感覚のない手足をやけどするようになった。「おかしいな…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1074文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです