メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の半島情勢

識者に聞く 検証作業が最重要 非核化、財政支援法立案者 ルーガー元米上院議員

 米トランプ政権は、北朝鮮の非核化を進める過程について、1990年代に旧ソ連諸国の核兵器解体などを財政支援した「ナン・ルーガー法」も参考にしているとされる。立案者の一人であるリチャード・ルーガー元上院議員に米朝首脳会談の評価や課題を聞いた。

     ◇

 シンガポールでの米朝首脳会談をまずは歓迎したい。ただ、これは非核化実現に向けた最初の一歩にしか過ぎない。採択された共同声明は一般的な内容を盛り込んだに過ぎず、検証方法など重要な事項が明確になっていない。今後の交渉が極めて重要になる。

 首脳会談が開かれる1週間前の5日、ペンス副大統領の招きでサム・ナン元上院議員とともにホワイトハウス…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文957文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです