メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ルノー会長に仏ミシュランのスナールCEO ゴーン被告後任で人事案
激動の半島情勢

識者に聞く 検証作業が最重要 非核化、財政支援法立案者 ルーガー元米上院議員

 米トランプ政権は、北朝鮮の非核化を進める過程について、1990年代に旧ソ連諸国の核兵器解体などを財政支援した「ナン・ルーガー法」も参考にしているとされる。立案者の一人であるリチャード・ルーガー元上院議員に米朝首脳会談の評価や課題を聞いた。

     ◇

 シンガポールでの米朝首脳会談をまずは歓迎したい。ただ、これは非核化実現に向けた最初の一歩にしか過ぎない。採択された共同声明は一般的な内容を盛り込んだに過ぎず、検証方法など重要な事項が明確になっていない。今後の交渉が極めて重要になる。

 首脳会談が開かれる1週間前の5日、ペンス副大統領の招きでサム・ナン元上院議員とともにホワイトハウス…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国、「威嚇飛行」の画像公開 レーダーデータも
  2. 26歳の阪神・原口文仁捕手、大腸がん公表
  3. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  4. 韓国、日本に検証を改めて要請 レーダー照射問題
  5. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです