メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

女子プロ将棋協会って? 待遇改善目指し07年に設立 普及や後進育成も=回答・丸山進

 なるほドリ 将棋(しょうぎ)の女流(じょりゅう)タイトル戦で、日本女子プロ将棋協会(LPSA)に所属する女流棋士(きし)がタイトルを取ったんだってね。LPSAってどんな団体なの?

 記者 2007年に一部の女流棋士が日本将棋連盟から独立して作った団体です。当時は女流棋士が将棋連盟の正会員(四段以上のプロ棋士)になれず、定期収入もなく不安定な立場だとして、待遇改善を目指しました。将棋大会や将棋教室を開くなどし、女性への将棋の普及活動や後進(こうしん)の育成といった独自の活動を展開しています。現役女流棋士62人のうちLPSA所属は7人で、そのうちの一人、渡部愛(わたなべまな)さん(24)が13日の女流王位戦五番勝負で里見香奈(さとみかな)さん(26)からタイトルを獲得しました。09年に石橋幸緒(いしばしさちお)さん(引退)が女流王位…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです