メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

「小さな物語」から=玉木研二

 <ka-ron>

 カンヌ映画祭で最高賞を得た「万引き家族」は、文部科学相の「祝意」の招きを是枝裕和(これえだひろかず)監督(56)が辞退し、歴史の反省に立って公権力と距離を置くとしたことから賛否の論議が起こった。

 作品が文化庁の助成を受けながら、矛盾しているというのが批判である。だが文化芸術振興を趣旨とする助成と、監督の信条や意見とは別であり、林芳正文科相も「助成をしているからといって義務や制約がかかるものではない」と認めた。是枝監督は助成に謝意を示している。

 館外の論議よりも作品に語らしめよ、かもしれない。

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1010文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです