メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

これでいいのか?就職活動=大久保達也 東京大学工学部長・大学院工学系研究科長

大久保達也・東京大学工学部長

 大学生の就職活動の話題がにぎやかである。経団連の「採用選考に関する指針」によると、広報活動は卒業・修了年度に入る直前の3月1日以降、選考活動は卒業・修了年度の6月1日以降となっている。その一方で、大手就職ナビサイトを開くと、既に22カ月後の入社を想定した2020年採用のための活動が始まっている。あるサイトには「インターンシップに登録して就活準備を始めよう!」とある。大学の学部3年生、大学院の修士課程1年生の夏から就活準備の呼びかけである。 

 最近、本来の趣旨とは異なる、就職活動の一環としての「インターンシップ」が増えている。「ワン・デー・…

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1288文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです