メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「森友」文書改ざん不起訴 真相への扉閉ざすな=宮嶋梓帆(大阪社会部)

学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る問題で、検察審査会への申し立てに向かう木村真・豊中市議(前列中央)ら=大阪市北区で6月14日午後1時59分、山田尚弘撮影

宮嶋梓帆(しほ)

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却や決裁文書の改ざん問題で、大阪地検特捜部は先月末、前国税庁長官の佐川宣寿氏(60)や財務省職員ら計38人を不起訴処分にした。なぜ国有地が8億円も値引きされ、決裁文書から安倍晋三首相や妻昭恵氏の名前が消されたのか。私は昨秋から取材を続けてきたが、根本的な疑問は解けないままだ。今後、検察の判断をチェックする検察審査会(検審)の場で、真相解明への扉が開かれることに期待したい。

この記事は有料記事です。

残り1798文字(全文2015文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 福岡 元貴乃花親方、自衛隊車両運転 内規違反で隊員注意
  4. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです