メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロンビア

革命軍反発か 大統領に右派 和平合意変更方針

コロンビア大統領選の決選投票で勝利を喜ぶイバン・ドゥケ氏(中央)=首都ボゴタで17日、AP

 【ワシントン山本太一】南米コロンビアで17日、大統領選の決選投票が実施され、左翼ゲリラ「コロンビア革命軍」(FARC)との和平合意の変更を訴えた右派のイバン・ドゥケ元上院議員(41)が当選した。ドゥケ氏は元メンバーに対する厳正な処罰を可能にするよう、合意見直しに取り組む方針だが、FARC側からの反発が予想される。

 選管当局の発表によると、得票率はドゥケ氏が54%で、合意維持を主張した左派のグスタボ・ペトロ前ボゴ…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文751文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです