メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

「興銀格付け死守」突然の特命 産業革新機構社長・勝又幹英さん

1999年、本日本興業銀行時代の勝又社長。格付け機関への対応に神経を擦り減らした=本人提供

度胸で危機切り抜け

 「明日から格付け機関対応をやってくれ」。1998年のある日、当時勤めていた日本興業銀行(現みずほ銀行)の上司から突然そう命じられました。金融危機の真っただ中。日本長期信用銀行、日本債券信用銀行が相次いで経営破綻し「次は興銀」とささやかれていたころ。預金でなく債券の発行で集めたお金を元手に融資する興銀は、格付けが下がれば債券を発行できず、資金繰りに行き詰まって倒産です。「投資適格」の格付け死守が与えられた使命でした。

 格付け機関が最も注目する国内融資状況の説明を私が担うことに。運悪く「破綻した長銀、日債銀の貸出先情…

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1267文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです