メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

第24回日韓国際環境賞の募集要項

 第24回日韓国際環境賞の募集要項は次の通りです。

     <授賞対象>(1)日本、韓国、中国、北朝鮮、極東ロシア、モンゴル、フィリピンなど東アジア地域の環境保全に貢献した個人、団体の中から選定する(2)日本、韓国の個人、団体に限定することなく、広く両国以外の個人、団体も対象とする<候補の推薦方法>(1)毎日新聞の読者が推薦する(自薦、他薦を問わない)(2)毎日新聞社の全国通信網が推薦する<推薦・審査基準>(1)影響・被害が国境を越え、地球規模にまで広がる環境問題の解決を目指す斬新な実践、教育、研究活動(2)国際的な取り組みが必要とされるアジア地域内の環境・公害問題の解決に向け、顕著な実績を上げた援助、協力活動(3)市民生活や地域社会が直面する環境問題の改善、または循環型社会の構築を目指す取り組み<読者の推薦方法>A4判用紙2枚以内に横書きで(1)応募者の名前、住所、電話・ファクス、Eメールアドレス、団体名(2)推薦対象の団体または個人名(3)推薦対象団体の代表者名、会員数、所在地、電話・ファクス、Eメールアドレス(4)活動歴(5)現在の活動内容(6)活動の成果(7)受賞歴を記入する。毎日jpの同賞コーナー(https://mainichi.jp/nikkankokusai/)で概要、要項及び推薦書フォームを掲載<日本側審査委員>今井通子(医学博士、登山家)▽加藤三郎(NPO法人「環境文明21」共同代表)▽C・W・ニコル(作家、ナチュラリスト)▽大久保尚武(積水化学工業相談役)▽倉林眞砂斗(城西国際大学副学長)▽原剛(早稲田大学名誉教授、早稲田環境塾塾長)▽審査委員長は毎日新聞社主筆が務めます<賞>賞金1万ドル、10月下旬の毎日新聞紙上で発表<応募締め切り>2018年8月21日(必着)<送り先>応募はEメール(myeco@mainichi.co.jp)に添付。または〒100-8051(所在地不要)毎日新聞社「日韓国際環境賞事務局」電話03・3212・0724

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
    2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
    3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
    4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
    5. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです