メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

旬のイワシ つみれ、簡単アレンジ

イワシのハンバーグ風

 <くらしナビ ライフスタイル>

 梅雨入りとともに旬を迎えたマイワシは「入梅イワシ」と呼ばれる。脂がのった身は美味で、栄養価も高い。イワシ料理専門店「長屋」(東京都港区)の主人、柴山裕行さん(69)に、子どもも大人も楽しめる家庭向けの3品を教えてもらった。

 食卓で「魚食離れ」が進んでいる。主な理由は▽子どもが嫌がる▽下処理や後片付けが面倒▽生臭い--などのようだ。30年以上、イワシ料理専門店を営む柴山さんは「新鮮なイワシを家庭でも味わってほしい。中でも幅広くアレンジできるつみれは簡単でお勧めです」と話す。

 今回使ったのは千葉県の銚子港で水揚げされたマイワシ。体長約20センチで「大羽」と呼ばれる大きめの種…

この記事は有料記事です。

残り1847文字(全文2152文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです