メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

欧州・中東を歴訪、7月11日から EPA署名

安倍晋三首相=国会内で2018年6月18日、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相が7月11~18日にベルギー、フランス、中東を歴訪する日程が固まった。ブリュッセルの欧州連合(EU)本部で、日EU経済連携協定(EPA)に署名するほか、パリでマクロン大統領と会談する。15日以降はサウジアラビアやエジプト訪問を検討している。

 日EUのEPA交渉は昨年12月に大筋で妥結。日本側は94%、EU側は99%の関税を撤廃する内容で、北米自由貿易協定(NAFTA)に匹敵する世界最大規模の自由貿易圏になる。首相は7月11日にユンケル欧州委員長と署名式に臨む方向だ。

 日EUは英国がEUを離脱する2019年3月以前の発効を目指しており、米国が保護主義的な動きを加速さ…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文728文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  4. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]