メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震

大阪震度6弱受け、ブロック塀緊急点検 尼崎の1校違反 /兵庫

ブロック塀の高さを測定する兵庫県尼崎市教委の職員=同市名神町3の市立名和小学校で、近藤諭撮影

 大阪で震度6弱を観測した18日の地震でブロック塀が倒壊、大阪府高槻市の小学4年の女児(9)が下敷きとなり死亡したことを受け、阪神間の自治体は19日、緊急に学校などのブロック塀の安全性を点検した。尼崎市は市立難波の梅小学校(市西難波町6)で、建築基準法施行令の定める構造基準に違反しているブロック塀があったと発表。伊丹、芦屋の両市でも現行の建築基準法の基準を満たさないブロック塀がそれぞれ1校ずつで確認された。【近藤諭、粟飯原浩、石川勝義】

 1978年6月の宮城県沖地震で、ブロック塀が倒壊して多数の死者が出たため81年に建築基準法が改正さ…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文778文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  4. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  5. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです