メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

日大アメフット部問題

森清之氏

 日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題が尾を引いている。監督を頂点とする強権的な支配構図、ゆがんだ勝利至上主義や体罰を容認する風潮、大学のガバナンス(組織統治)の欠如--。日本の社会が抱えるさまざまな問題点を浮かび上がらせた。後を絶たないスポーツ界の不祥事。根絶への糸口はあるのか。

「教育の一環」忘れるな 森清之・東大アメフット部ヘッドコーチ

 私がヘッドコーチを務める東大アメリカンフットボール部は選手120人、スタッフを含めれば170人の大所帯だ。それでも世間的には任意団体。ガバナンス(組織統治)は万全とは言い切れず、草野球やママさんバレーのチームと位置付けは変わらない。

 例えば、監督の任命権は誰にあるのか。きちんと決まっている大学の運動部は少ない。OB会が決めるところ…

この記事は有料記事です。

残り4173文字(全文4516文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 大阪府保健所 ゲイカップル宿泊拒否のラブホを行政指導

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです