メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

財務省セクハラ「ハニトラ説」 無自覚でも中傷だ=中村かさね(統合デジタル取材センター)

前次官のセクハラ問題で釈明する麻生太郎財務相。野田聖子女性活躍担当相(右)が厳しい視線を送る=国会内で5月15日、川田雅浩撮影

 前財務次官によるテレビ朝日女性記者へのセクハラ発言発覚から2カ月が過ぎた。今回の件で露呈した財務省の意識の低さを経済部の岡大介記者が12日本欄で指摘したが、問題は政官界やメディアにとどまらない。この間に過去のセクハラ被害の告白が続き、政府がセクハラ対策をまとめた。まさに日本版「#MeToo」であり、状況は今後良くなると私は楽観している。だが、どうしても許せないことがある。著名人や社会的地位の高い人物を相手に性被害を訴えた時に必ずと言っていいほど浮上する「ハニートラップ(ハニトラ)説」だ。

 前次官の一件では、麻生太郎財務相が「はめられたとの意見もある」と発言。テレビのバラエティー番組では…

この記事は有料記事です。

残り1722文字(全文2019文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです