メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「歌うことは生きること」という標語の張られたデイケアルームで、合唱する「ハートビートコーラス」のメンバーたち=東京都渋谷区の代々木病院で2017年11月、宮武祐希撮影

 歌は人を元気にする。仲間と歌えばなおさらだ。「合唱」が今、病院の精神科デイケア(通所リハビリテーション)で注目されている。東京と埼玉の病院で1年間、精神疾患を抱える人たちとハーモニーをつくることで、合唱の力が見えてきた。

 ●一緒だから歌える

 ♪人はただ 風の中を迷いながら歩き続ける……

 ここは東京都渋谷区の代々木病院精神科のデイケア。今日も練習が始まった。歌うのは混声3部の合唱曲「遠い日の歌」。みんなで1年かけて練習してきた。歌詞が人生と重なるからだろう。思いが自然と歌声に乗る。

 通所者で作る合唱団「ハートビートコーラス」は今年で創設16年。7月に1年遅れで15周年コンサートを…

この記事は有料記事です。

残り2138文字(全文2431文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです