メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

沖縄戦73年/中 集団自決で生き残り 祖母の悔い、そのままに

 5月上旬、那覇市内の小中学校で平和教育を担当する教諭約50人を集めた市教委主催の研修会が開かれた。「戦争体験者が減って厳しい状況にあるが、平和教育の充実に取り組んでほしい」。参考事例としてさまざまな取り組みが紹介された。

 「どんな題材を使えば心に響くだろうか」。松島中の教諭、宮里征吾さん(33)は生徒たちの顔を思い浮かべた。4月に松島中に赴任し、平和教育の担当に。6月に校外から招く講師は誰がいいか、担任を務める2年4組でどんな平和学習をすればいいか。決める時期が迫っていた。

 那覇市出身。両親は戦後生まれだが、祖母の育江さん(故人)が沖縄本島の西約40キロにある座間味島で沖…

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文1058文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交通事故 横断中の男性、タクシーにはねられ死亡 札幌 /北海道
  2. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更
  5. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです