メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポットらいと

出会いを資産に Sansan・中村成寿地域統括

 「企業の働き方、文化変革の一端を担っていると感じた時がうれしい」。 クラウド名刺管理サービスという新市場で躍進するSansan(本社・東京)の中村成寿地域統括(39)は地域密着、認知度アップに全国各地を飛び回る。

     入社した10年前、100社に満たなかった契約企業は現在、全国に7000社。福岡では16年の支店開設以来、1年半ほどで200社余りに達した。「ビジネスの出会いを資産に変え、働き方を革新する」という理念のもと、「企業が気付かなかった課題に焦点を当て解決につなげることができれば、市場はさらに広がる」と考える。

     「名刺を預かる上で個人情報の知識は不可欠」と個人情報保護士として取引企業のアドバイザー的な存在でもある。「名刺が紙だったの? と言われるようにSansanのシステムがインフラ化する時代になってほしい」

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
    2. 東京・目黒の5歳虐待死 SOS届かず 「パパいらん」「パパがたたいた」訴えたが きょう起訴判断
    3. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
    4. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
    5. 第100回全国高校野球 地方大会 西東京 14日

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]