メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

国連人権理を離脱表明 「イスラエル偏見」と批判

国連人権理事会からの離脱を表明するヘイリー米国連大使=ロイター

 ヘイリー米国連大使は19日、国連人権理事会(理事国47カ国)について「イスラエルへの慢性的な偏見がある」などと批判し離脱を表明した。トランプ政権が国連組織からの離脱を表明するのは、昨年10月の国連教育科学文化機関(ユネスコ)脱退決定以来。この際もイスラエルへの偏見を理由に挙げており、親イスラエル政策が一層鮮明になった。

 「米国第一」主義を掲げるトランプ政権は発足以来、地球温暖化対策の枠組み「パリ協定」やイラン核合意な…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文650文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです