メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国務長官

再訪朝示唆 非核化の手順、実務協議へ

 ポンペオ米国務長官は18日、中西部デトロイトで講演し、トランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が署名した共同声明に基づき、非核化手順を具体化する実務協議を行うため「近く(北朝鮮に)戻ることになるだろう」と述べ、再訪朝の可能性を示唆した。

 また、トランプ氏が金氏に対し、完全非核化の見返りとして、1953年に結んだ朝鮮戦争の休戦協定を転換し、体制保証を与えると約束したと明らかにした。「休戦協定の転換」は平和協定締結を指すとみられる。

 12日にシンガポールで開かれた米朝首脳会談での発言とみられる。両首脳が署名した共同声明は朝鮮戦争終…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文642文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  3. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に
  4. 米国 「次は大統領選」中間選挙終了で政界の動きが一気に
  5. サウジ記者殺害 音声記録に「ボスに伝えてくれ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです