メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪震度6弱

死者5人に 大雨予想、土砂災害警戒を

 大阪府北部を中心に震度6弱を観測した地震で、府内では19日も余震が続き、午後3時半現在で高槻市や茨木市など340カ所に1584人が避難している。死者は新たに1人見つかって5人となり、負傷者は408人、住宅の一部損壊は計515棟に増えた。震源地周辺では20日朝から梅雨前線の影響で大雨になると予想され、気象庁は土砂災害への厳重な警戒を呼び掛けている。 

 大阪府警によると、5人目の死者は高槻市北昭和台町の楠本法寛(のりひろ)さん(66)。19日午前11…

この記事は有料記事です。

残り955文字(全文1181文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです