メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 サッカー・ワールドカップ(W杯)がいよいよ開幕した。熱戦の思い出は数あれど、私の中では2002年の日韓W杯の記憶が鮮烈だ。往年のスーパースター、ディエゴ・マラドーナとのやり取りだ。

 当時、私は千葉県の成田支局で働いていた。彼は決勝のドイツ-ブラジル戦のテレビ解説で成田空港に到着した。知り合いの税関職員からスペイン語を教わり、声をかけたのも若さゆえだった。

 「ドイツとブラジル、勝つのはどちら?」。当時41歳だった彼は口をへの字に曲げ「そんなこと分かんない…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文459文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです