メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018知事選

候補者アンケート/5止 琵琶湖と環境 /滋賀

「母なる湖」琵琶湖の環境保全のあり方は=滋賀県長浜市で2018年4月29日、石川貴教撮影

 (届け出順)

Q 琵琶湖の環境保全のために、どのような政策を打ち出しますか。

人工湖岸を再自然化 近藤学氏(68)=無新

A びわ湖は「国民的資産」(「琵琶湖再生法」)、国と県・市町、市民が連携してびわ湖の保全と再生に取り組むべきです。現県政のびわ湖の水草刈り取り費や外来魚駆除費の縮減などは法の目的にも反します。私は、びわ湖の保全・再生のために、生態系を壊す人工的水位操作をやめて自然に近い水位操作に復帰すること、人工湖岸を再自然化することを推進します。県のびわ湖予算を増やすとともに、国にもびわ湖予算増額を求めます。

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1097文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 記者殺害後、サウジ皇太子に助言か トランプ氏娘婿
  4. ORICON NEWS ZOZO前澤社長「お騒がせ」な一年に平謝り 剛力彩芽と交際、月周回計画など
  5. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです