メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃問題

性状が判明 固形物一部は基準値の33倍 /香川

 県は20日、豊島(土庄町)の産業廃棄物処分地で今年に入って新たに見つかった全ての産廃の性状が判明したと発表した。ドラム缶にあった固形物の一部は、特別な処理が必要となる基準値の約33倍に達していた。県は、住民との公害調停(2000年)がうたう産廃の無害化・再利用を念頭に置いた処理をするため、関係機関との調整を進めている。

 処分地では今年1~4月、ドラム缶や産廃汚泥など計約610トンを発見した。県の施設などで性状を調べた…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文423文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです