メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空き家の玄関が施錠されているか確認する黒沢友一さん=埼玉県秩父市で

 家が子や孫への「負の遺産」になりかねない時代だ。人口減少に伴い、空き家は全国で増える一方。親が高齢化して死亡し、相続するケースが多い。誰も住まないからと放置すれば、後々大きなツケが……。

 ●ふるさと納税利用

 「まず郵便受けの中を見て……。玄関の鍵は? よし、ちゃんと閉まっている」

 山あいの盆地に位置する埼玉県秩父市。市シルバー人材センターの登録メンバー、黒沢友一さん(77)が、1軒の平屋建て住宅の周囲を丹念に点検する。ここが空き家になったのは数年前。住んでいた女性が介護施設へ移り、所有者は東京都内で暮らす。ひび割れを透明テープで応急手当てした窓ガラスや草刈りされた庭。所有者の依頼でセンターが家を手入れしてきた痕跡が、随所で確認できた。

 市財政課によると、市内の住宅約3万戸のうち空き家は1割ほど。センターに所有者が独自に管理を依頼する…

この記事は有料記事です。

残り1901文字(全文2273文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  5. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]