メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

沖縄戦73年/下 島守の壕、演劇に 生きること説いた知事

 那覇市の世界遺産・首里城から南に約1キロ。墓地を進んだ先にその壕(ごう)はある。中には戦時中に使われたとみられる割れた皿などが今も残る。「知事はそこにいました」。地元の繁多川(はんたがわ)公民館の南信乃介館長(36)が指したのは、73年前の沖縄戦時にこの壕で執務にあたった当時の沖縄県知事、島田叡(あきら)氏の「部屋」だ。

 「県庁・警察部壕」と呼ばれる壕では、凄惨(せいさん)を極めた沖縄戦で島田知事や荒井退造県警察部長ら…

この記事は有料記事です。

残り958文字(全文1170文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです