メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

当番医「強制」に異議 医師会を提訴 大分・津久見

 医師不足などで夜間や休日に救急患者を診療する「在宅当番医制度」を巡り、大分県津久見市の男性医師が当番医への参加を強制する市医師会決議の無効確認を求め裁判を起こす事態になっている。男性医師は「当番医制度は必要だが強制は行き過ぎで、診療行為の自由を侵害している」と主張するが、市医師会は「決議は地域医療を支えるために必要」と反論。背景には地域医療の危機的状況があり、医師確保など早急な対策が求められる。

 訴状などによると、40代の男性医師は2016年8月、市医師会に土曜夜間の当番医の報酬増額を求めたが…

この記事は有料記事です。

残り1161文字(全文1411文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  3. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  4. アップル 「iPhone」 XSと最上位機種Max発売
  5. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです