メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

画像診断、がん見落としなぜ? 病院チェック態勢不備 医師連携不足も=回答・熊谷豪

 なるほドリ 千葉大病院(ちばだいびょういん)でCTの検査(けんさ)をしたのに、がんの見落としが9件もあったって聞いたよ。そもそもCTって何?

 記者 CTは放射線(ほうしゃせん)を使って体を輪切りにしたような画像(がぞう)を撮影(さつえい)する装置(そうち)で、「コンピューター断層(だんそう)撮影」(Computed Tomography)の略称です。胃や肺など内臓の様子がよく分かるため、病気の早期発見(そうきはっけん)にも役立ちます。日本は人口100万人当たりのCT台数が世界トップで、技術も向上して鮮明(せんめい)な画像を大量に撮影でき、利用が増えています。

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1066文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  2. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  3. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです