メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

地方銀行の再編問題

村本孜・成城大学名誉教授

 地方銀行の再編が相次いでいる。超低金利や人口減少で経営環境が厳しくなる中、「規模を拡大しなければ生き残れない」という危機感が高まっているためだ。だが、「同じ地域の地銀同士が経営統合すると、競争がなくなって貸出金利が上がる」との弊害も指摘されている。地域経済にとって望ましい地銀経営のあり方とは。

公取と金融庁の協議機関を 村本孜・成城大名誉教授

 日本、とりわけ地方の経済は下り坂で、金融機関の経営環境は今後さらに悪化する。健全な金融機関が将来にわたって企業や住民に適切なサービスを提供できるようにするため、経営統合によって無駄な競争を避け、余力を企業育成や経済活性化に使ってほしい。

 資金需要は継続的な減少が見込まれる。20年ほど前に500万社を超えていた企業数は約380万社まで減…

この記事は有料記事です。

残り4183文字(全文4524文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです